3月議会が始まっています。【個人質問について】

今月2日から3月議会が始まっており、令和4年度の予算についての審議をおこなっています。

9日から来年度予算に対する個人質問がおこなわれている最中ですが、私は14日(月)10時40分ごろからで、「新型コロナ対策関連予算について」「介護保険事業について」の二点を質問します。

傍聴や中継で見ていただければと思います。また、質問や答弁については後日ご報告させていただきます。

議員定数について

下関市議会では現在、議員の定数について話し合いがおこなわれています。

昨年から下関市議会議員定数等調査特別委員会が開催され、議員定数等について広く市民の意見を求めるために、市民アンケートが無作為の市民1000人に対しておこなわれたり、自治会やまちづくり協議会などの団体にも意見を求めてきました。

アンケート結果はホームページで公表されていますが、市民アンケートの結果では、市民の生活や感情と乖離した市議会の実態を市民から鋭く指摘されるものとなり、「議会が市民の役にたっていない」「ただいるだけの議員ならいらない」と感じていることがわかり、同時に定数を減らしたほうがいいといった意見が多くなっているように思います。

定数についてはもうすぐ結果が出ますが、問題だと思うのは、定数や報酬についての議論がされていることを知らない市民のほうが圧倒的に多いことです。定数や報酬の増減については、市民自身が「市民の代表の議会とはどうあるべきなのか」というところから考え、下関市の課題と結びつけて考えなければならない問題だと思うからです。特別委員会は12月に青森に視察に行っていますが、その前に下関市民のなかでこのことが議論されるべきではないでしょうか。ただ減らしただけで今の議会が飛躍的によくなるとは思う人はいないでしょうし、私はむしろ議員報酬のほうを削減するべきではないかと考えています。

市民のみなさんはどのように考えられているでしょうか。ぜひご意見をお聞かせください。

感染が不安な方へのPCR等検査について

下関市では陽性者が急増して、これまででもっとも多い数字となっています。そんななかでご自身や家族が感染していないかどうかを確認するために検査をしたいとの声が寄せられています。陽性者が増えればそれだけ濃厚接触者や関係者は増えてくるのは当然ですので、検査を必要とする方が増えています。

山口県や下関市に確認したところ、感染への不安がある人を対象とした検査(無料)を受ける方法は3つあります。

1つ目が県の設置した検査所で、下関市の検査所は下関市薬剤師会館(秋根南町二丁目3-1)です。ドライブスルーを基本に検査を受けることができます。開設日は月、水、金曜日の10時~14時で事前予約が必要です。電話番号は080-7833-3053。(3月11日現在、市内12カ所で検査ができるようになっています。)

2つ目の方法として県全域を対象とした山口中央検査所とオンライン検査所があります。山口中央検査所(県政資料館二階 山口市滝町1-1)の開設日は火、木、金、土、日の10時~16時。現地で検査を受けることができますが、事前予約が必要です。電話番号は083-902-2224。 山口中央オンライン検査所は予約すると検査キットが送られてきますので、自宅でPCR検査の検体を自己採種したり抗原検査をするさいに結果確認をオンラインでしてもらうことができます。電話番号は山口中央検査所と同じ083-902-2224です。

3つ目が、郵送で検査キットを申し込む方法で、各市町の受診相談窓口へ申し込みをすると自宅に検査キットが送られてきます。送られてきたキットで検体(唾液)を自己採取して検査機関に送付すれば、後日電話にて結果が通知される仕組みになっていいます。下関市の受診相談窓口は083-242-0134(平日9時~17時)です。つながらない場合は、山口県PCR受付窓口083-920-5670でも受付ができます。

これらの検査は無症状で感染への不安がある人のためのもので、すでに発熱等の症状のある人は速やかに病院を受診してください。医師の判断で検査を受けることができます。

全国的な感染急増により、検査体制がおいついていない状況にあり、体制としては非常に不十分です。いつ感染してもおかしくない状況になっていますが、マスクの着用はもとより、手洗い、うがい、消毒、換気など基本的な対策をお願いいたします。